あいうえおネットビジネス

ネットビジネスを独自の目線で解説

【仮想通貨】ペーパーウォレットとは?

f:id:rrrcosmoss:20190711101815p:plain



仮想通貨は手に取れない電子上の仕組み。

「目に見えない」こうなると何となく不安になるのが人間というものです。

また、2018年1月26日にはコインチェックの事件もあり、仮想通貨のセキュリティはどうなっているのか、あるいは取引所は信用置けないと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は仮想通貨のお財布をなんと現実の紙にしてしまう技術、ペーパーウォレットについてみていきます。

お金とセキュリティの問題は切っても切り離せないもの。

ぜひ最後まで読んでくださいね。



 

ウォレットについて

まずは、ウォレットについてみていきましょう。

ウォレットとは、個々人の仮想通貨を入れているお財布です。

このお財布の形は、インターネット上にあったり、個人のパソコンの中にあったり、専用の機械の中にあったりと様々ですが、今回ご紹介するウォレットをペーパー。すなわち紙に印字できるウォレットです。

 

 

ペーパーウォレットとは何か?

ペーパーウォレットとは、「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」のどちらも紙に印字してしまうウォレットです。

このウォレットを作ってしまえば、印字された紙が盗まれない限り、誰もウォレットに触れることはできません。

取引所がハッキングを受けても、自分のパソコンがウィルスに感染しても、仮想通貨のウォレットは守ることが出来ます。

 

 

ペーパーウォレットの作り方

ペーパーウォレットの作り方は5つの手順で出来上がっています。

 

① 安全なパソコンやプリンターといった機械を用意する

② ペーパーウォレット作成ソフトをダウンロードなどで手に入れる

③ パソコンをいったんインターネットから切断し、ペーパーウォレット作成ソフトでビットコインアドレスを作成する

④ 印刷する

⑤ インターネットにつなぎ、プリントアウトしたアドレスに仮想通貨を送る

 

これで、2つのQRコードが印字された紙、ペーパーウォレットが作成されました。

ちなみに、このペーパーウォレットに保存された仮想通貨を取引などに使いたい場合は、一度取引所のホットウォレットなどに仮想通貨を移動させる必要があります。

ペーパーウォレットはまさに銀行通帳のようなものだと考えることが出来るのではないでしょうか。

 

 

ペーパーウォレットは安全なのか

f:id:rrrcosmoss:20190711101956p:plain

ペーパーウォレットは、完全にオフライン、つまりインターネットとは関係ない状態で保存されているため、サイバー攻撃などには非常に強い存在であるといえるでしょう。

しかし、一方でペーパーウォレットならではのリスクがあります。

それは、失くしてしまうリスクと破損してしまうリスクです。

引っ越しなどをたびたびおこなったため、ペーパーウォレットそのものがどこかに行ってしまった・・・という場合があります。

このとき作成した「ビットコインアドレス」と「秘密鍵」思い出せないと、ウォレットに入っていた仮想通貨は復活させるのが非常に困難となるでしょう。

また、紙に印字された数字やアルファベットが、水にぬれるなどでインクが滲んでしまったり破れてしまったりして、読めなくなってしまうというリスクが破損してしまうリスクです。

これらのリスクはほかのウォレットではなかなか発生しないリスクであり、紙ならではのものといえるでしょう。

 

 

 

安全に管理してリスクは分散させよう

仮想通貨の管理はお金の管理と一緒。

つまり、1つの強固なセキュリティ方法に固執することなく、様々なセキュリティ方法を活用してリスクを分散させるのが最もよさそうです。

結果的に仮想通貨のセキュリティだけでなく技術そのものの知識も増えるため、有利な取引が出来るかもしれません。

仮想通貨はまだまだ新しい技術のため、周辺知識を身に着けていくことで仮想通貨のセキュリティ対策という点だけでなく、有利な取引や積極的な取引が可能になることがあるのです。



 

その他のウォレット

f:id:rrrcosmoss:20190711102023p:plain

①ウェブウォレット

インターネット上に作成されるウォレットのことで、 サイト運営元のサーバー内で仮想通貨を管理するウォレットを指します。「取引所ウォレット」もこの「ウェブウォレット」の1つになります。

利便性の高さが特徴で、 インターネットが繋がればいつでも取引を行うことが出来ます。また、セキュリティ面は管理者に一任されるため、どこのサービスを選ぶかが重要になります。

 

<メリット>

・アカウント管理が容易である

ウェブウォレットではメールアドレスとパスワードの登録だけで簡単にウォレットの管理ができます。不正アクセスサイバー攻撃などの対策は運営元が行ってくれるため、利用者自身で何か特別な対策をする必要がなく、手軽に始められます。

 

ユーザビリティが高い

ウェブウォレットの場合はパソコンやタブレットスマホなど好きな端末からウォレットを操作することができるため、使用場所を選ばず外出先で利用する際に非常に便利です。

 

<デメリット>

・資産凍結の可能性がある

ウェブウォレットはサイトを通じて管理を行うため、サイトに何か不具合が生じた場合に資産が凍結してしまう恐れがあります。そのため運営元のセキュリティ管理が甘く不正アクセスが行われた場合、資産を盗まれてしまう可能性が高いのです。

特に取引所が運営元ではないウォレットは要注意です。

 

・対応仮想通貨が少ない

取引所が運営元ではないウォレットに関しては、取引所ウォレットに比べて保管できる仮想通貨の種類が少ないことが挙げられます。多くの通貨を預けたい方には不向きといえるでしょう。



②モバイルウォレット

 スマホのアプリを使って仮想通貨を管理するウォレットを指します。

 

<メリット>

・携帯性に優れている

モバイルウォレットはスマホがあればいつでも場所を選ばずウォレットにアクセスすることができます。手軽で取引の管理がしやすいことが大きな特徴です。

 

・支払いに利用できる

近年仮想通貨を決済手段として使えるお店が増えています。例えば国内ではビッグカメラソフマップメガネスーパーなどで支払い可能です。店舗に備わる仮想通貨決済用のバーコードをスマホアプリで読み取ることで簡単に決済が行えます。

 

<デメリット>

スマホが故障するリスク

モバイルウォレットは秘密鍵スマホで管理するため、スマホが故障したり誤って初期化した場合には、ウォレットにアクセスできなくなる可能性があります。そのため、スマホのバックアップを取ったり、復元フレーズをメモしておきましょう。

 

・ハッキングのリスク

モバイルウォレットにおいてもハッキングのリスクは存在します。パソコン同様にスマホもインターネットに接続するため、ウイルスにより秘密鍵が流出する可能性は考えられます。絶対に安全とは言い切れない事実は念頭に置いて利用するようにしましょう。

 

・対応アルトコインの少なさ

もう一つデメリットを挙げるとすれば、アルトコインに対応していないウォレットが多いことです。最近ではアルトコインに対応したウォレットは少しずつ出始めていますが、主要なアルトコインのみに対応しているものがほとんどのため、主にアルトコインの管理に利用されたい方には不向きといえるかもしれません。



③デスクトップウォレット

自らのパソコン上で仮想通貨を管理するウォレットを指します。

 

<メリット>

・公式がリリースしている

デスクトップウォレットは仮想通貨の開発元が公式にリリースしているものが多く、信頼性と安全性を兼ね備えていることが大きなメリットです。

 

・マイニングができる

また膨大なブロックチェーンのデータを全てダウンロードしたフルノードのウォレットならば、マイニングを行うことができる仮想通貨もあります。もちろんウォレット内に一定以上の金額分の仮想通貨を保有するといったクリアすべき条件はありますが、自動で報酬を受け取れる仮想通貨も存在するのです。

 

<デメリット>

・対応通貨は一つであり操作も不便である

他のウォレットとは異なり、デスクトップウォレットでは一つの仮想通貨しか対応していない場合がほとんどです。そのため利用する場合はパソコン内に複数のウォレットをインストールする必要があるため、手間がかかり大変不便です。またパソコン上でしか操作できません。

 

・セキュリティ管理を自身で行う

自分自身でセキュリティ管理を徹底して行う必要があります。パソコンが壊れたり、ウイルスに感染し情報が流出する可能性もあるため注意が必要です。もちろん万が一に備えて秘密鍵を予め保管しておくことで危険な事態を回避することができます。



④ハードウェアウォレット

仮想通貨の管理に必要な秘密鍵を、インターネットから完全に切り離した専用端末に保管する方法です。

代表的なものでは、「LedgerNanoS」、「Trezor」、「LedgerBlue」などがあります。

 

<メリット>

・高い安全性

ハードウェアウォレットは秘密鍵をオフライン状態で管理するため、非常に高い安全性を誇ります。このようにオフライン状態で管理するウォレットをコールドウォレットとも呼ぶこともあります。

 

・利便性がある

ハードウェアウォレットは物理的なデバイスをパソコンに接続するだけで自身のウォレットを安全に管理できます。後に説明するペーパーウォレットのように毎回秘密鍵を手打ちする必要がなく、利便性が高いことも特徴の一つとして挙げられます。

 

・対応通貨が多い

ウォレット内で多くの仮想通貨を保管することが可能です。国内では取り扱っていない海外の仮想通貨でも預けることができます。

 

<デメリット>

・本体価格の高さ

ハードウェアウォレットは物理的なデバイスを使って秘密鍵を管理します。そのためデバイスの本体を購入する必要がありますが、一般的に本体価格は1万円以上で販売されています。仮想通貨の保有枚数が少ない方にとっては不向きといえるかもしれません。

 

・在庫が少ない

人気のあるハードウェアウォレットは在庫数が少なく、欲しいときにすぐに手に入らない可能性があります。購入を考えている場合は在庫のある時期に前もって注文しておくことを推奨します。

 

・慣れるまでに時間がかかる

ハードウェアウォレットの操作は決して簡単とはいえません。多少なりとも仕組みを理解しておかないと資産を取り出せなくなる恐れもあります。そのため利用する場合は事前に基本的な知識を押さえておくようにしましょう。



いかがでしたか?

それぞれのウォレットの特徴・メリット・デメリットを理解して自分に合ったウォレットを選択し、正しいやり方を知ることが安心、安全に仮想通貨を取り扱うことができるでしょう。

今一度、おさらいしてみてくださいね。